満期年

中学受験のための学資保険

学資保険は、満期までの期間が、18年から22年のものがほとんどで、これは、大学入学時に一番お金がかかるからだと思われます。
しかし、小中高の入学時にもそれなりにお金はかかりますので、保険のタイプによっては、これらの入学時に合わせて、お祝い金という一時金を受け取れるものも結構あります。
中学受験のための学資保険というものは、特に見当たりませんが、中学入学時に多めのお祝い金の出るタイプのものを契約することで、良いのではないでしょうか。

そのようなタイプの保険はたくさんありますが、一つの例として、太陽生命の学資保険の「わくわくポッケ」という学資保険を紹介します。
これは、保険の払込が15年で、満期は18年または22年が選択できるものです。
たくさんあるプランの中の例としては次のようなものがあります。

月額の保険料が、12000円程度のそれほどの負担にならない払込み金額で、満期が22年のタイプでは、途中の一時金として、4才と6才時に8万円、12才と15才時に40万円、18才時に80万円、そして満期の22才時に80万円となっています。
中学の入学時は、12才ですから40万円の一時金が受け取れます。
これは、他の保険と比べましても途中で受け取ることのできる一時金が多い方です。

もし、中学受験の時期のためだけの保険をと考えているのであれば、他の保険商品を購入することになると思います。
中学入学時では、最大12年ですから、12年満期の養老保険のようなものを購入することになるのではないでしょうか。
ただし、このように保険では、子供に対する保証がつきませんので、そちらは別途という事になります。

上記の学資保険の例では、保護者(保険料を支払う契約者)と子供の両方に保証がつきますし、オプションで医療保障もつけられます。
ただし、保証が多くなりますと、最終的に払い込んだ金額より返戻金の総額(一時金と満期時の返戻金)が少なくなります。
この辺は、保険の契約前に良く検討されることと思います。
http://www.md-mba.org/Security.htmlに保証型の保険の特徴がまとめられているサイトがあります。
是非参考にしてください。

このページの先頭へ