満期年

3歳までに加入 学資保険

学資保険の目的は、子供の教育にかかるお金を積み立てておこうというものです。
加入するメリットはhttp://acs-suriname.com/entered.htmlにかいてあります。
特に、子供が18才の時には高校卒業から大学進学という節目の時期になることが多く、それまでよりも多くのお金がかかります。
ほとんどの学資保険は、この18才時に満期になるように設計されていますので、保険料の支払い期間も最大で18年ということが多くなります。

子供が生まれてすぐに学資保険の契約をしますと、18年間の保険料支払いができますが、子供が生まれてからしばらくしてから学資保険の契約をしようとしますと、当然のことですが、同じ満期金でも支払う保険料が高くなります。
ある保険会社の例では、子供の年齢が0才の時に18年満期で100万円の満期金の学資保険の契約をしますと、保証の内容や保険料を支払う人の性別や年齢にもよりますが、年間の保険料は、50000円程度です。
上と同じ学資保険の契約でも、子供が3才の時の契約になりますと15年の払込期間になりますので、年間の保険料は、63000円程度と少し上がってきます。

これが、子供が5才の時に契約するとしますと、払込期間が13年と更に短くなりますので、年間75000円の保険料を支払うという事になります。
また、支払総額で見た場合には、0才時の契約では約900000円で、3才時の契約では約945000円、5才時では約975000となります。
これは、18年の払込で約11パーセント、15年の払い込で約6パーセント、13年の払込で約2.5パーセントという事になります。

上記の例のように契約をするときによって同じ満期金の時には、支払う保険料が多くなりますので、学資保険の契約をするのであれば子供の年齢が低いほうが有利になります。
http://fabunfunded.com/birth.htmlにかいてあったのですが、約6割の家庭が加入しているそうです。
子供が3才くらいですとまだ学資保険を検討しても良いかもしれませんが、幼稚園くらいの子供では学資保険以外の保険商品か、単純な積立預貯金と生命保険などの組み合わせを考えたほうが有利な場合もあると思います。
月々の支払いをカード払いにできる保険会社もあるようです。
カードでの支払いだとポイントを貯めることができたり、いろいろなメリットがあるそうです。
カードの賢い使い方のサイトhttp://xn--lckh1a7bzah4vue9565aftvb.biz/riyougendo.htmlに詳しくかいてありますのでご覧ください。

このページの先頭へ