満期年

満期年で選ぶ学資保険

学資保険は、主に子供の学校への進学時にかかるお金をあらかじめ積み立てておこうという目的の保険です。
ただし、積立だけであれば、保険の意味はありませんので、満期時に受け取れる金額の一部分を保険部分に流用するという仕組みになっています。
こうすることで、保険料を支払っている保護者に万一のことがあっても、満期時に契約どおりの金額が受け取れるといったことや、死亡時などに一時金で一定の金額が受け取れるという保証がなされます。

学資保険は、基本的に教育資金の積立ですから、子供が成長した時期が満期となります。
今の日本では、高校まで進学することが一般的で、比率で言ってもほぼ100パーセント近くなっています。
このようなことから、学資保険の満期は、子供が高校卒業の18才になる前後、次には、短大や専門学校の卒業年齢である20才前後、さらには大学を卒業する時点の22才前後というのが一般的です。

この中では、大学の進学資金が必要となる18歳前後を満期とすることが多いようです。
普通の保険会社ですと子供の誕生日と保険の契約時期が悪い方にずれますと、満期返戻金の支払われる時期がずれて卒業年の春になることもあります。
もし、卒業年の前の年の秋冬までに(満期の)お金が支払われるようにするには、契約する時期を選ばなければなりません。

学資保険の中には、保険料の払込途中で、節目となる小学校の入学などにお祝い金と称する一時金が支払われるものもあります。
このようなタイプの保険では、満期を22才としましても、大学進学時の18才時に一時金が支払われますので、満期を18才としなくてもやっていける場合もあります。
満期返戻金の支払い時期では、ソニー生命の学資保険が有利にできています。

ここの学資保険は、この満期返戻金の支払い時期を顧客の方で指定できます。
このために上記のような支払い時期がずれて困ることがなくなります。
また、学資保険は元本が保証されているところもあれば保証されていないところもありますので、契約前によく調べることが大切です。
この点でも、ソニー生命は、元本保証をしていますので安心です。
満期返戻金の支払いでお金に余裕ができた場合は、株に投資してみるのもいいでしょう。資産を増やすチャンスになるかもしれません。
株についてわからないことがある方は下記のサイトを参考にしてみてください。
 http://xn--7brq64alqg9wz.org/2.html
 http://xn--7brq64alqg9wz.ws/2.html

このページの先頭へ