満期年

満期返戻金で選ぶ学資保険

学資保険は、子供の教育資金をコツコツと積み立てる部分と保険金を支払う保護者に万が一何かあった時に保証をする部分が合わさった保険商品です。
大方は、子供が高校を卒業する18才前後に満期を設定する事が多いようですから、生まれてすぐ加入すると18年間は保険金を支払うことになります。
満期の時に受け取れる返戻金は、支払総額とその間ついた利息から(掛け捨てである)保険料と途中で何回かあるお祝い金などと呼ばれる一時金を差し引いたものになります。

お祝い金(一時金)と満期時に受け取れる返戻金は、途中で付く利息と差し引かれる保険料によって変わってきます。
現在の日本の金利では、あまり利息に期待できませんので、保険料に相当する部分の多寡で決まってきます。
学資保険の基本的な保証は、(積立)保険料を支払う保護者が、満期前に事故や病気などで死亡または重い障害などのために支払う能力を失った場合でも、その後の保険料の支払いなしに満期時の返戻金を売れとることが出来るというものです。

この保証だけであれば、満期時の返戻金(プラスお祝い金)は最大になります。
ところが、保証内容によっては、満期時の返戻金(プラスお祝い金)が支払い総額と利息よりも少なくなる場合もあります。
例えば、保険の契約期間内の保護者や子供の病気、怪我による通院費や入院費、子供の死亡時の一時金(受け取り)などの保証が加わっていたりしますと、(掛け捨てである)保証料が高くつきますので、満期時の返戻金(プラスお祝い金)が支払い総額と利息より少なくなるというわけです。

満期返戻金では、ソニー銀行が他を一歩リードしているようです。
これは、低金利の日本にあってもそれなりに運用実績が高いからで、払い込んだお金の元本保証とあわせて人気のある保険会社の一つとなっています。
なお、満期時の返戻金には、(利息部分が)一定額を超えますと税金がかかりますので、途中のお祝い金で分散するなどのことも考慮する必要があるかもしれません。

学資保険の元本割れについてはこちら

このページの先頭へ