満期年

万が一にも強い学資保険

日本では、子供の将来にかかる教育費が高額になることが多いですから、子供が生まれると、この教育費のために積立などをして備える保護者が少なくありません。
このような目的でつくられた保険商品に学資保険があります。
学資保険は、教育資金の積立と保護者に万が一の時があった時にそれに対するある程度の保証を組み合わせたもので、保険会社各社からいろいろなタイプのものが販売されています。

基本的な保証には、保護者が死亡などによって積立の払込ができなくなった時に、それ以降の払込を免除して、満期時には契約どおりの払い戻しをするというものがあります。
これ以外には、子供に対しての死亡時の一時金、病気や怪我をしたときの医療費の保証などを付け加えたタイプのものも何種類もあります。
ただし、保証の内容によっては、満期時の返還金が少なくなり、場合によっては、払込金を下回るような保険商品もあります。

どうしてかといいますと、各種の保証は、掛け捨て保険と同じで、保険料がかかりますから、その分が払込んだところから引かれることによります。
学資保険の保険料は、売れ取れる返還金や払込期間、保証内容などによって様々ですが、例をあげてみますと次のようになります。
NKSJひまわり生命の学資保険の一タイプでは、月々4000円程度の払込を22年間続けることで、子供が6、12、15、18、20、22才時に、5万円から25万円が支払われるというものがあります。

これは、支払額を少なくして、進学の節目節目に一定の金額が受け取れるというタイプのものです。
フコク生命の一タイプでは、月々に13000円程度の払込を22年間の満期で、幼小中の入学時と成人式の時に10万円前後のお祝い金を、高校では100万円程度のお祝い金、満期時に150万円の返還金があるというものです。
このタイプの保険は学資保険としては標準的なものです。
アフラックの一タイプでは、月々では13000円程度の払込で、高校入学時に50万円、大学入学時から年金方式で250万円が受け取れるというもので、比較的単純な設計になっています。
学資保険は早いうちから加入した方が良いといわれていますが、デメリットもあるそうです。
どのようなデメリットがあるのかはhttp://www.lifedesignsranch.com/12.htmlに載っていますのでご覧ください。

▼万が一のためにもお墓は前もって決めておきましょう

このページの先頭へ