満期年

加入前に知る学資保険の裏側

学資保険は、子供に将来かかるであろう教育資金を積み立てると共に家計を背負っている(主に)父親に万が一の場合には、それ以降の保険料の支払いを免除することや育英資金の給付などの保証を組み合わせた保険商品です。
ところで、子供一人の教育費は、成人するまでに1千万円以上ともいわれていますが、これらすべてを学資保険でまかなうという事は、平均的な家庭ではほぼ無理ではないかと考えられます。
なぜならば、例えば、1千万円の積立を重視する学資保険を契約するとしますと、月々の支払が最低でも5万円程度となり、これを18年前後続けることになるからです。

今の日本では、200万円から300万円の返戻金がある学資保険が多く売れているとい話もうなずけます。
学資保険の運用率は、高いところでも年率で1パーセント程度です。
これは、長期国債の利回りに近く、何もしなくても国債を購入しているだけで達成できることになります。

将来的に国債の利回りが上がって(国債価格が下がって)きますと、国債での運用が大きい保険会社は多大の損失が発生すると予測できます。
そのときに学資保険(他の保険も)がどうなっているかはちょっと想像ができないことです。
学資保険自体にも問題があります。

それは、保険のタイプが多く複雑なものでは、どうなっているのか理解するのに時間がかかり、そのようなものに限って支払い保険金の総額に対する返戻金の総額の率が悪くなっていて、返戻金総額が支払総額を割り込む商品もあります。
これは、保証部分を厚くした結果、その保険料相当部分が積立金部分を食ってしまうからです。
学資保険自体では、保険会社が儲からないという事も問題です。
ということは、学資保険に事寄せてその保険会社の他の保険商品の勧誘があるという事です。

余りしつこいところは、即座に切ることが肝要です。
そうはいっても、学資保険を始めたい人もいるでしょう。
そんな人には、ソニー生命の学資保険が良いと思います。
それは、シンプルなタイプのものが選べることやインターネットでのシュミレーションが簡単に出来ること、最終的に個人面談をした後に契約をすることなどからです。
運用率も比較的高いのも良いところです。

学資保険に加入できないケースはこちら
   

こちらのhttp://xn--t8j4aa4n2hxa7duezbl49aqg1546e264d.com/cardpractical.htmlには
クレジットカードのお得な活用術がたくさん載っていますので、お子様の将来のためにもカードでお得に節約を始めてみてはいかがですか?

このページの先頭へ