満期年

学資保険を選ぶポイント

学資保険は、子供の将来の教育資金を積み立てるとともに保護者や子供に何かあった時のための保証を合わせた商品です。
しかし、その内容は払込保険料の金額から払込期間、返戻金の額、途中で受け取れるお祝い金(一時金)の額、保護者や子供に対する保証の種類などによって様々な商品がつくられていますので、契約前に良く調べることが大切です。
支払い保険料に関しましては、あまりに多額になりますと続けて支払うことが困難になりますので、無理のない額にしたほうが良いでしょう。

もし、途中解約となりますと、支払い期間にもよりますが、それまでの支払総額の全額は戻ってこない事が多々あります。
受け取れる満期時の返戻金は、払込保険料と保証の内容、途中で受け取るお祝い金(一時金)によります。
また、保険会社の運用成績にも左右されます。

単純な保険を考えている人には、一例として、東京海上日動あんしん生命の長割り終身を学資保険として紹介できます。
30才の男性で支払い期間が15年、年の支払額が、190000円程度です。
これで18年後の満期時返戻金が約300万円となり、死亡保証は、保険料の支払い免除でなく終身保険ですから430万円の一時金の受け取りとなっています。

保証を重視するのであれば、同社の例では、保険料の払込期間が18年、保険期間が22年で、年間保険料が13万円程度のもので説明しますと、次のようになります。
保護者が死亡などで保険料の支払いができなくなった時には、保険の満期まで養育年金が売れとれます。
また、子供の死亡時には、最大で200万円の保証があります。

小中高大の入学の時期には、総額で200万円のお祝い金が売れとれ、それ以外にも積立配当金が五年ごとに売れ取れる権利があります。
ただし、支払総額は200万円を超えますが、これは、保険料が高く付くためだと考えられます。
二例ほどあげてみましたが、返戻金を重視するか星用を重視するかが学資保険を選ぶ時のポイントになります。

このページの先頭へ