満期年

0歳から入る学資保険

子供が生まれてすぐに学資保険を契約しますといろいろと有利な点があります。
一番は、(毎月)払い込む保険料が少なくてすむことです。
その次には、万が一のための保証がなされることです。
この2つが早く契約するときの利点でしょう。                                                   

さて、子供が生まれたすぐに学資保険を契約するのが良いのですが、たくさんあるタイプの中からどのようなものを選ぶかが問題になります。
これは、保護者の方の将来設計によるところが大きいですから、それぞれがお考えになることですが、基本的なことは、積立を重視するか、保証を重視するかです。
学資保険の基本的な保証は、保険を契約しているほごしゃの人に万が一のことがあった時に保険料の支払いを免除するというものです。

これによって保険料を支払わなくても満期時には契約通りの返戻金が受け取れます。
この他にも保証関係ではいろいろなオプションがあり、それを付け加えることができますが、あまり保証を手厚くしますと満期時に受け取れる返戻金の総額が支払総額を下回ってしまいますので、この点は注意が必要です。
例えば、積立を主にしたものでは、払込期間が15年で、満期時が18年の積立方式の保険では、年に12万円ほどの保険料を15年間支払うことで、18年後には200万円少々の満期金が受け取れます。

ただし、保証は契約者が死亡の場合に、その原因、契約期間により最大で300万円を一時金として受け取れるというシンプルなものです。
保証を主なものの例では、払込期間が18年、満期も22年の学資保険では、年間の保険料が、13万円ほどを18年間支払い、総額200万円を受け取ることが出来るというもので、養育年金、子供の死亡時の一時金などが付随しています。
この他には運用益がある一定点を超えた時にはその利益分が還元されます。

両者を比べますと受け取ることの出来る金額にはあまり差がありませんが、支払総額をみますとかなりの開きがあります。
保険会社によっても大きく違いますが、運用の上手下手というものもあり、この辺は複数の保険会社を見比べて選ぶことでしょう。
下記のサイトにも学資保険についてかいてあります。

このページの先頭へ